FC2ブログ

神風ロックは鳴り止まない

BCG ROCKERS & 愚図   のファン専用コミュニティーサイト  BCGーchildren   管理人・ラプコーリニコプのBCG日記。。

この旗のもとに

愚図ケンジとその仲間達

BCG-children

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ラプコーリニコプ

ラプコーリニコプ

Author:ラプコーリニコプ

BCGのせいで今の僕が在り BCGのおかげで今の僕が在る

鳴り止まない!!!!!!!!!

BCGコール

神風ロックは鳴り止まない

BCG ROCKERS(イントロ 心体から)

BCG ROCKERS 「ラスコーpresents」

最新記事

カテゴリ

BCG children (55)
愚図ケンジ (125)
ショットガンライダーズ (49)
FOR (129)
BCG ROCKERS (69)
愚図 (15)
維新レコード (28)
インターネット・ゲリラ (11)
プロローグ (10)
未分類 (172)

最新コメント

1月31日「第一精工舎 THE FRONTIER OF ROCK'N ROLL」

ラプコーです!

1月31日放送

「第一精工舎 THE FRONTIER OF ROCK'N ROLL」

ですよ。


実はOP曲でびっくりしました。

イントロのギターのソロで、

(Johnny B. Goodeのカバーか・・・)

なんですが、

バックの音(ギターのバッキング)が入った瞬間、


(あれ?これ???)


と思い調べる。笑


そうなんですよ、

この方のまた別のカバー曲が

僕、好きで聞いてたんですよ。笑


Leo
「Johnny B. Goode」




僕はこの曲・・・




面白かったのが、



(この曲カバーするか?!)

とね。笑


僕はこの方の事、

よくわかっていません。笑


一応はユーチューバーなのかな?

「Johnny B. Goode」

でありながらも、


こんな通なのを持ってくるなんて

FOR・・・流石です。笑


さてさて、

そんな曲に合った、

気合いの入ったダディのご挨拶でございました。笑


ん?

1月31日 愛妻の日???

本当にいろんな  日

があるもんだと思いながら、

ファミリーマートの商品?

「お母さん食堂」

ってのが何やらな人達に

その表記の仕方に文句が付いたのを思い出し、


「愛妻の日」

ってのは出方を間違えれば、

ハラスメント扱いにもなるのかな???

と思ってしまい、

なんだかそんな世にうんざりしました。笑


どうやらダディは2021年早々、

もうすでに走りまくっているみたいです。笑


イケてますね。笑

そしてレディのまた別の番組のお話。




どうやらレディ、

気合い入っているそうです。笑






【心揺さぶる1ページ】
大久保喜市著 
「ストレンジ・ブルー プラス」 
70年代原宿の風景とクールス/ディスクユニオン


今回は岩野誠二さんでは無いんですね。

==========

欲望と好奇心は
人を進化させる
未知なる世界にこそ
希望は存在する
だから知らない事に挑戦する

教わる一般常識や理念は
頭で理解は出来ても
自分の本質に落とし込められない
曖昧な解釈は
本質を歪める危険がある
体験して自分の感覚でひとつひとつ
感じ取っていくしかないのだ
その為に必要な事はなんでもする
いい加減に自分を誤魔化す事は出来ない
人間として根源的に生きる権利は誰にでもある
判断は 自らですべきだ
魂を偽るのは 危険だ

==========


有難いお言葉です。


大久保喜市さん

クールスのベーシスト???


そして流れる

COOLS
「紫のハイウェイ」




レディも仰っていましたが

本当に舘ひろしさんが歌ってると思えないほど、

声が若い。笑


チェリーボーイズ???

なんてぇ名前のバンド。笑

ちょいと調べてみましたが、

チェリーボーイズは もっと評価されるべきだった




ほうほう・・・


そしてダディでさえ今も世間知らずだった?!

去年に自分自身でそう感じたとの事。

ご自身でそうサラっと言える心持ちが、

ダディの強さだと感じます。



数年前に感じた事なんですが、

謙虚さってのは、

偽れますし、

テクニックでもあったりしますが、


素直さは嘘をつけない・・・と言いますか。



「素直さ」の重要性ってのを漠然と感じまして、


「素直さ」も結構、様々なケースもあったりで、

奥が深かったりして・・・・


しかしながら

そんな素直さをダディはしっかり持ち合わせていて、

僕はそんな人はなかなかいない・・・

もしくはある一定以上の人たちしか持ち合わせていない・・・

と感じてるんですが、

ダディはナチュラルに持ち合わせてらして、

ちょっと感動。笑


つくづくダディは抜群と思いましたよ。笑


「素直さ」は時には罪になったりしますが、

好循環ってヤツの源泉とも思っています。



ダディには、

退屈が無い・・・


言葉にすれば小難しく書く事も出来たりしますが、

結局は・・・ノリ・・・

なんですよね。

それを肌感で本能でわかってらっしゃる。


ここ最近?

でちょいと残念な目線も僕にはあり、

若い子はそれを

何か感じる事がありながらも、

「陽キャ」

と言って片付けてしまい、

自身の弱さと向き合わず、

その裏にある何かを考えずに思考停止しているフシを

僕は最近感じてしまっていて、


自らの可能性を狭くしていると思ったりしています。笑



僕はうすっぺらい人生を歩んでいて、

多くの失敗や恥ずかしい事、

情けない事・・・

多々ありますが、


小さくまとまる事を良し・・

と当たり前に感じている若い子たちを見ると、

勿体無いなぁ・・・・と感じ、


しかしながら同時に、


やっている・・・・



そんな若い子達を知れば、

感動します。笑



そしてダディは現役。笑


話が微妙にズレたかもしれませんが、

イケイケドンドンなダディは本当に最高ですよ。笑



へぇ、

ダディは

大久保喜市さんの影響でベースを。





そして我らがケンジさん参上・・・

なんですが、

謝罪のご挨拶。笑


めちゃくちゃ面白い。笑


先週の件ですね。


あくまで若かりし頃の・・・

ってヤツを念押ししておいて、

今は愛妻家。笑



【格好悪くない自慢話】


ラジオネーム
「瓶詰めキュウリ」さん 
大阪 34歳 男性


皆さん こんばんは
愚図週のダディのジッポの話
身につまされる思いでした

でも皆さんは我に帰ってもう一度
立ち上がる事が出来たんですよねぇ
パンピーは難しいんですよ
上司や社風に染まっていく
と言うか 忖度すると言うか
属しながら打ち破る方法があれば
知りたいです
羨ましいです



ジッポから100円ライターに変えた

って話ですね。



今回の投書

どこにテーマを持ってくるか・・・

でちょいと話がアレかもしれないですが、


ダディのジッポに沿って・・・であれば、

まさにこれに続くダディのお話が重要で、

本気でやるなら形から・・・

しかしながら、

演じているうちに

自分を見失ってしまっていた。


そしてケンジさん

プロフェッショナルとは・・・


ダディは100円ライターにする事で、

プロフェッショナルになったんですよね。


これはこれで素晴らしい事であり、


しかしながら、

自分を見失っていた・・・・


そして更にケンジさん

メリハリ・・・・

仕事後・・・・


そしてダディ

演じているうちに、

自分はどっちだ???となったり・・・・


ケンジさんは

軸・・・の話・・・・


そしてダディが重要・・・

言いたいなら上るしかない


まさに・・です。



そしてケンジさんらしい事・・・

自分だったらジッポを使っていても
生意気とは思われないようなトコロを目指す・・・・


仕事での結果・・・ってヤツでしょうか。


そしてダディ

気づいてるって事は
打破できる・・・


ダディご自身は、
忘れてしまっていた・・・との事。



僕がまず思ったのは、

ダディもケンジさんも、

特例。笑


ダディは振り切って生きてきて、

ケンジさんと出会って気づけた・・

人生という観点で書くならば、


前回も書きましたが、

ダディはジッポから100円に変えたからこそ、

そして見失ってた年月があるからこそ、

今、また濃厚に走り出した。




ケンジさんは軸を見失わず生きてきましたが、

逆境の中、逆風の中・・・ずっといた・・・・

この つっぱらかりの半端なさ。




形は違いますが、

両者とも本気で生きてます。


僕はここをまず根っこに置いた上で、



ケンジさんも触れましたが、

世の中には、仕事は仕事、

プライベートはプライベート

と割り切って好きなように?

過ごしている方もいらっしゃいます。


そして更にケンジさんは言いました・・・

バランス・・・・

この部分が難しいのかもしれませんし、


「瓶詰めキュウリ」さん は

仕事場での何やらも書いてらっしゃいますが、


だからこそダディの言葉・・・

気づいているなら打破できる・・・・


今回のダディ&ケンジさん

そして合間に入るレディの言葉を聞けば、

今は難しいと感じつつも、

ご本人さんなりに答えが見つかると思います。


そして今の時代を思えば、

ダディやケンジさんの生きてきた昔の時代と少し違います。

今はまだ昔よりは、

自分らしく生きやすくなっているはずです。


パンピーの僕からすれば、

「瓶詰めキュウリ」さんの心持ち、

僕なりに想像出来ますが、


FORから垣間見えるダディの生き様や、

ケンジさん、のかつての生き様、

を思えば、

二人はパンピーではなく、

比べるのはちょいと・・・

と思いながらも、

ダディ&ケンジさんは、


いや 俺たち パンピーやし、
別に特別でも無いし・・・


と仰るでしょう。


比べるのなら、

そして打破したいのであれば、


パンピー云々・・・では無く、

ダディ&ケンジさんは、

熱量高く生きていた・・・・


って部分に着目して欲しいかと思います。


軸が先にあるのではなく、

熱量が先・・・・


そのような気もします。



ちょいと今回のお話は、

僕自身も感じる部分があり、

長くなってしまうのでこの辺にしておきますが、


この次に流れた、

BCG ROCKERS
「壊れた街(Birst City Guerrila)」


から何を感じるか・・・・


そこだと思います。笑


僕は薄っぺらい日々を生きているので、

だからこそ、

「瓶詰めキュウリ」さんを応援します。笑

何かやりたい事をし、

そしてそれが何かの形になればと思います。



そしてダディの最後の格言




中年層。笑


有難いお言葉、

ありがとうございます。


今回は僕、

長くなりましたね、スミマセン。

「瓶詰めキュウリ」さんのお話も、

身近に感じてしまいました。


もう少しサラッと書きたいトコロなんですが、

こんな時があっても、

ま、いっか。笑



いやいや本当にいつもありがとうございますFOR。


チラッと回りを見れば、

退屈な連中は多いので、

FORで感じさせてもらえる熱量は、

なんだか浄化してもらえてる感じで。笑


まぁケンジさんと顔を合わせるのが1番ですけどね。笑




ささ、

僕も退屈な男にならぬよう・・・ですよ。笑




今回もありがとうございます!


=======================

愚図ケンジ・Twitter

愚図ケンジ・インスタグラム

ショットガン・ライダーズ

第一精工舎 THE FRONTIER OF ROCK'N'ROLL・Web

第一精工舎 THE FRONTIER OF ROCK'N'ROLL・Twitter

第一精工舎・Twitter



関連記事
スポンサーサイト






========================




BCG ROCKERS&愚図、に打ち抜かれたのなら。。
こっちに集れ!!
BCG-children
下のバナー、1クリックしてもらえると宣伝効果になります。

まだ出会えていないBCG-children達に・・
まだ、神風ロックを知らない人達に・・・・・・ ご協力お願いします。

「ロックンロール・ゲリラ」な気持ちでよろしくです。
にほんブログ村 バイクブログ カフェレーサーへ
にほんブログ村

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 神風ロックは鳴り止まない.All rights reserved.