FC2ブログ

神風ロックは鳴り止まない

BCG ROCKERS & 愚図   のファン専用コミュニティーサイト  BCGーchildren   管理人・ラプコーリニコプのBCG日記。。

この旗のもとに

愚図ケンジとその仲間達

BCG-children

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ラプコーリニコプ

ラプコーリニコプ

Author:ラプコーリニコプ

BCGのせいで今の僕が在り BCGのおかげで今の僕が在る

鳴り止まない!!!!!!!!!

BCGコール

神風ロックは鳴り止まない

BCG ROCKERS(イントロ 心体から)

BCG ROCKERS 「ラスコーpresents」

最新記事

カテゴリ

BCG children (55)
愚図ケンジ (125)
ショットガンライダーズ (49)
FOR (129)
BCG ROCKERS (69)
愚図 (15)
維新レコード (28)
インターネット・ゲリラ (11)
プロローグ (10)
未分類 (172)

最新コメント

かつての「BCG ROCKERS&愚図」ファンの方々へ

ラプコーでございます!


皆さんご存知、

僕もちょいちょいショットガン★ライダーズ
に行っています。


そして様々なお話をさせて頂いております。


そんな中、時折ケンジさんから、

ショットガン★ライダーズの常連さん方への、
感謝の言葉が出てきます。


もしくは、
ダイレクトな言葉ではなくとも、

感謝の気持ちがあるからこその、
フレーズ・・・ってのが出てきます。


とても素晴らしい事でございます。


そんな常連さん方の気持ちや行動に、
僕自身、熱量を感じ、

感銘を受ける事もあります。


同時に話しの流れで、
僕自身を思っていただければ想像は容易い・・・

BCG ROCKERSと愚図・・・
に関した人たちの話も出てきます。

当然、ファンの方たちのも。


しかしそんな話は、
ショットガン★ライダーズの常連さん方とはうって変わり、

何かしらな熱量のある行動がある・・・

とかではなく、

ただただ、ノーリアクション。

もしくは残念な出来事。


誤解されると思うので書きますが、

僕がそれを今、責めている訳ではありません。


それを言うなら、
僕自身も、

1度目のBCG解散から愚図へ・・・

のちょい後ほどから消えています。

そして、BCGが復活し、4人が3人になり、

ARBと対バンした時が久しぶりのBCGでございました。


そして、ストリートにまた行きだしたのもその後ほど。


で、BCGが2度目の解散をし、

さらにショットガン★ライダーズが再度立ち上がる直前に何度かのやり取り。

で立ち上がった時には、

おめでとうございます・・・
な挨拶はブログにコメント入れたものの、

ケンジさんが俺音さんとの件で、

一曲だけ歌ったのを見に行きましたが、

ショットガン★ライダーズに顔を出したのはその夜の、

ちょい後・・・・


で、何が言いたいかと言えば、

当然、人には紆余曲折あるだろうと。


そんな時もある。

そしてそれを否定するのではなく、

今が大事・・と言う事。


常に・・・「今」です。


この「瞬間」です。


僕もそう、あなたもそう、


「今」を生きてるんです。


皆さん、当然、もうそこそこな年になり、

様々な経験をされてる事だと思います。


そして日々の日常に追いかけられてたりすると思います。


そんな日々の中で、

変わっていくのは世の中ではなく、

あなた自身なんです。


「あなた自身」の多くに変化があり、
一定数を越えれば世の中が変わっていくんです。


それは悪ではないですが、

同時に失うモノも含まれてきます。


そして失っていく事も多々あったりしますが、

失う事を選んでるのも、
「あなた自身」ってヤツです。



ケンジさんは、
「赤と黒のナンバー」で歌ってます。

========


変わらないモノを
持つ事は難しすぎて

つなわたりの心は
不確かな明日へ向かう


========


これは言い方を買えれば、

生きていく事の厳しさを表現し、
その中で変わらないモノを持ち続ける事の
難しさを表現しています。


変化と言うのは、
プラスの意味合いと、

マイナスな意味合いがあります。


今、僕が言いたいのは
マイナスな変化です。



僕は、
年明けに2度目の解散をしたその年の夏には、
この、

「BCG-children」

を立ち上げました。

その目的や僕の思いは、
今は表示されないですが、

簡単に今、書けば、

BCG ROCKERSと愚図

を風化させないため。

過去のモノとしない為。


対外的にもありますが、
僕自身に向けての意味合いもありました。


今の話の流れで書けば、
あの夏、僕は、
そう遠くない未来を想像し、
どのような変化が生まれるかを予想し、

失わない・・・を選び、
闘い・・・・・・を選びました。



そして、ショットガン★ライダーズが復活し、
でも僕は顔を出していなかった。

この事は、あの2年前の一夜の少し後に、
ショットガン★ライダーズに顔を出し、

ケンジさんとお会いして、

結局僕は、何をしていたんだ!!!

と、痛烈に感じました。


「今」を共に生きていない・・・

と言う事です。



当時、
ライブやストリートに足を運んでいた時期、

それは当然、
楽しかった・・・という記憶になります。


そして僕だけが、、ではなく、
皆さんも、、大切な記憶として存在していると思います。


それを、過去のモノとするか、

現在進行で続いてるか・・・

それを選ぶのは「あなた自身」です。


ケンジさんは今、
ショットガン★ライダーズでドンッと変わらずいらっしゃいます。

ショットガン★ライダーズに行けばケンジさんに会えます。


ある方は、
ショットガン★ライダーズでケンジさんとお話させて頂く事を、

「愚図ケンジ」のソロライブを見に・・・
と表現されてます。

その方なりの楽しみ方って事です。


そして今の時代、
ネットで簡単にコミニケーションも出来ます。


今まで何度も書いてますが、

今現在、BCG&愚図は解散している現実はありますが、

想いがあるなら、
その当時と変わらず楽しめる・・・と言う事です。


言い方を変えれば、

今も共に生きれる・・・と言う事です。


当時、
BCG&愚図、、ストリートで、
様々なドラマが個々にあったかと思います。

そんな大切な時期を、
今、、記憶・思い出、、で終わりではなく、


今も変わらず生み出せれる・・・


そして同時に未来に進んで行けます。



望まない人に書いてるわけではありません。


望む人に・・です。

望む人がいらっしゃるなら、
それはとても簡単ですよ・・・


と言いたいのです。



これも何度も書いてますが、
僕の事をなんか気持ち悪い、、


とか嫌な感じ・・・と感じる方もいらっしゃると思います。

で、それは僕にとって淋しい結果ではあるものの、

重要視していません。

人それぞれの形で、
BCG&愚図・・・

そして今、ショットガン★ライダーズ。

を感じてもらえたら・・・・です。


「BCG-children」

と看板上げてますが、
これは象徴です。


「BCG-children」はイメージとして、
気持ちの落としどころなキーワードで、

BCG&愚図のファンの方々が交流もてたら・・・・

な僕自身の個人的な気持ちです。


ケンジさんにも認知して頂いておりますが、

優先としては個々の気持ちが大切なので、
僕の事など、無視して頂いてても大丈夫です。


大事なのはそんな事ではないんです。


大切なのはあなた自身の本当の気持ちです。


今、先日の愚図の復刻CDで、
個々に新たなドラマが生まれだしていると思います。

そして愚図Tシャツで、
より愚図を身近に感じ、

日々の日常で転がしていける事だと思います。



このような常にある「今」

をどのような形にするかは個人次第です。


どのような生き方を選ぶか・・・・です。


望む気持ちがあり、

しかしそれを躊躇するのは、
とても勿体ない事だと思います。



僕は、「BCG-children」という看板の元、

一人でBCGコールをしています。


別に看板なんていらなくて良い・・・

BCGコール、、

あなたの心の中で叫ぶ事は、
とても簡単な事だと思います。



BCG ROCKERS
愚図
ショットガン★ライダーズ

望む方がいらっしゃるなら、
僕は一緒に今を楽しみ、

未来に向かって行けたらと感じています。





関連記事
スポンサーサイト






========================




BCG ROCKERS&愚図、に打ち抜かれたのなら。。
こっちに集れ!!
BCG-children
下のバナー、1クリックしてもらえると宣伝効果になります。

まだ出会えていないBCG-children達に・・
まだ、神風ロックを知らない人達に・・・・・・ ご協力お願いします。

「ロックンロール・ゲリラ」な気持ちでよろしくです。
にほんブログ村 バイクブログ カフェレーサーへ
にほんブログ村

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © 神風ロックは鳴り止まない.All rights reserved.